商品一覧

おかだ農園の商品


一黒の粧 おかだ農園スキンケアシリーズ

一黒の粧 おかだ農園スキンケアシリーズ

肌に理想的な、幻の黒千石

一黒の水(化粧水)、一黒の泡(石鹸)北海道原種で、その栽培が一時途絶え幻とされてきた黒千石大豆。

他の黒大豆よりも大豆イソフラボン、ポリフェノールの値が高く、食すのはもちろん肌にも理想的。その黒千石を浦幌町の自家農場で蘇らせ、スキンケアにしたのが一黒の粧シリーズです。

一黒の水(化粧水)

一黒の水(化粧水)乾燥・ハリ不足・年齢サインが気になる方に。黒千石豆から抽出したエキスをたっぷり配合しました。小豆の約2倍のポリフェノールが、お肌にハリ・ツヤを与えてくれます。

【使用方法】
やさしく手のひらでお顔を覆うようにして、目元、小鼻、あごなどの細かい部分は指のはらで押さえながら馴染ませます。年齢サインの出やすい首やデコルテにも。

一黒の泡(石けん)

一黒の泡(石鹸)黒千石大豆をきな粉にして配合した希少な一品。きめ細かく、弾力のある泡が特徴です。お肌の正常なターンオーバーをサポートしニキビを防ぎ、お肌のキメを整えます。

【使用方法】
泡立てネットを使用し、”泡”で優しくていねいに洗います。泡の残りやすい髪の生え際やアゴの下・耳の後なども、すすぎはていねいに洗い流してください。

お客様の声

  • しっとり、ふっくらして使用感が良かった
  • とてもしっとりして使いやすい。保湿効果があると感じました!
  • 泡がふっくらしていて弾力があり気持ち良い
  • 石鹸は洗顔後のツッパリ感がなくとても良かった

販売店舗

札幌地区

  • 丸井今井本店様(1条館6F)札幌市中央区南1条西2丁目11

十勝地区

  • 道の駅うらほろ様 十勝郡浦幌町北町61-3
  • とかちむら産直市場様 帯広市西13条南8丁目1(帯広競馬場敷地内)
  • ふるさといけだ(池田ワイン城1F) 中川郡池田町字清見83
  • 理容室ベス様 帯広市西18条南4丁目5-16

化粧品の一覧はこちら

こだわり商品

豆を使用したレシピはこちらでもご紹介されています!

黒豆きな粉(非遺伝子組み換え)

当地は、寒暖の差が激しい環境の中で、5月下旬には種(7月下旬開花)10月下旬の収穫まで約150日間にわたり丹精込め栽培管理した黒豆を刈り取り後にお積みし自然風乾した黒豆を手で厳選し5℃で低温保管(鮮度保持のため)した黒豆を、皆様方よりご注文いただいてから炒り上げ、それをじっくり挽いた黒豆きな粉。風味とも格別な逸品です。

黒豆きな粉は一般的に、きな粉餅などがよく知られていますが、体に必要な栄養分(イソフラボン)がたっぷり含まれております、きな粉を牛乳に混ぜお飲みいただく方法や、ヨーグルトと混ぜて召し上がるなど多種多様の召し上がり方があります、生活習慣の改善にお役立てください。
★調味料・添加物は一切使用していません。

**[ここが違う]**

★農薬は除草剤、殺菌剤・殺虫剤は一切使用していませんので安心してお召し上がり頂けます。

レシピもご紹介しています豆の一覧はこちら


黒豆酢大豆(非遺伝子組み換え)

黒豆を炒り上げた黒豆を玄米酢に漬け込みました。
黒豆には、蛋白質、ビタミン、イソフラボンなどが豊富に含まれ、黒い色に含まれるアントシアニン、ポリフェノールなど酢を混ぜることにより体にとてもよい成分が含まれ、ヨウグルトに混ぜて、またはお酒のつまみに最適です。
★調味料・添加物は一切使用していません。

生活習慣の改善にお役立てください!

  • 炒り上げ黒豆のみの発送も出来ますので、ご家庭で玄米酢、黒砂糖か蜂蜜少々を加え、作る楽しみを味わっては如何でしょうか。
  • 容器はなるべく再利用お願いいたします。

黒豆酢大豆の食べ方

  • 一日1回、10~15粒程度召し上がってください。

レシピもご紹介しています豆の一覧はこちら


新鮮食材

有機質入り肥料使用で『こだわりの味』

かぼちゃ(九重栗)

当農園で約130日間丹精込めて栽培したかぼちゃは昔から女性が最も好む野菜として親しまれ、近年の健康ブームのなか、より多く摂取することを求められています。しかしながら、果皮が硬く包丁で切りにくく扱いづらいイメージあります。そこで果皮が軟らかく女性の方でも包丁で簡単に調理できる新しいタイプのかぼちゃです。
従来のかぼちゃに比べてカロチロイドが最も高く、誰もが食べても美味しいと感じる逸品です。

糖化が早いので旬の内にお召し上がりください。
もし長期保存を希望する方はかぼちゃの中の種、わたを取り除きブロック状に切り冷凍保存をしましょう(調理するときはそのまま水から煮ると美味しく召し上がれます)。

※特徴は

豊富なカロチロイド・果皮まで食べられる(食べても皮が口に残らない)・なめらかな口ざわり・ほくほく感が強い

レシピもご紹介しています野菜の一覧はこちら


かぼちゃ(白い九重栗)

白い九重栗は、灰緑色と乳白色の中間色です、果肉は極粉質でほくほく感が強く、食味、食感に優れでんぷんの糖化が遅いので長期にわたり保存が出来ます(最適保存適温9℃)収穫直後の早い時期は甘みが少ないですが、粉質感が強く、口当たりが良いかぼちゃです。

冬至ころまで長期保存が可能です(温度格差がある場所などに長期保管すると痛みなどが出る場合があります、痛み箇所が出た場合はスプーンなどで取り除き乾かして保存しましょう)

〔召し上がり方〕

  • かぼちゃをブロック状に切り蒸す。
  • かぼちゃに味を付けて煮る。
  • かぼちゃグラタン。
  • かぼちゃスープ。
  • かぼちゃてんぷら。

レシピもご紹介しています野菜の一覧はこちら


とうもろこし(カクテル600)非遺伝子組み換え

朝もぎを直送

食べてみて納得の味。北の大地、浦幌より愛をこめて朝取りの発送です、味は糖度が高くつやがあり、味にコクがあり、粒皮が軟らかく甘くておいしいジャンボコーンです。

〔召し上がり方〕

  • とうもろこしの薄皮を残し電子レンジで3分加熱するだけで出来上がり。
  • 鍋の水に塩を少々入れ沸騰したらとうもろこしを入れ8分間ゆでたら出来上がり。
  • ゆでたとうもろこしの実をスープに、又グラタンなどの具に最適の逸品です。(茹でた実を芯から外し冷凍保存する方法もあります)

レシピもご紹介しています野菜の一覧はこちら


五種の豆

大豆(ユキホマレ)非遺伝子組み換え

大豆(ユキピリカ)非遺伝子組み換え大豆は、納豆・味噌・煮豆・豆腐・えだ豆と他多種多様に毎日家庭の食卓にお目にかかる商品です国内産の大豆は全体消費の5%しか生産されていません、多くは輸入品に頼っています。輸入品の約半分は遺伝子組み換え大豆といわれています、当農園の大豆は非遺伝子組替え大豆で、安心して召し上がっていただけます。

レシピ・保存方法豆の一覧はこちら


黒豆(いわいくろ)非遺伝子組み換え

黒豆(いわいくろ)非遺伝子組み換え黒豆は「畑の肉」と呼ばれています、4%前後の繊維が含まれ、いま話題の食物繊維(ダイエタリーファイバー)としてその4倍16%程度含まれ、1日20gくらいの摂取量を目標としていますが、現状は13~15g程度です。豆類は、その不足を補う大切な供給源として期待されています。大豆の糖質の成分であるオリゴ糖には腸内ビフィズス菌の増加など健康上好ましい働きがあり、脂質は血液中のコレステロールを低下させる不飽和脂肪酸や老化防止に欠かせないビタミンE効力を有するトコフェロールも多く含まれている黒豆をぜひ食卓に。(私も毎朝ヨーグルトに黒豆酢大豆(10粒程度)、黒豆きな粉(小さじ2杯)を混ぜ食べています)

レシピ・保存方法豆の一覧はこちら


インゲン豆(大正金時)

インゲン豆(大正金時)現在の日本は世界一の長寿国となりました。その原因のひとつに、日本人の食事のバランスのよさがあるとして、日本食ブームがアメリカやヨーロッパで起きています。動物性脂肪の摂取量が少なく穀物などの糖質を主とする日本食の中でも伝統的な豆料理には昔の人の知恵が生きています。
金時は主に煮豆、甘納豆など多く知られています。

レシピ・保存方法豆の一覧はこちら


小豆(エリモショウズ)

小豆(エリモショウズ)あずきは糖質が多く、それも澱粉が主で脂肪は非常に少ないのか特徴です。繊維質が多く、カルシュウム、ビタミンB1、B2が多く含まれ私たちの健康に欠かすことの出来ない逸品です。
煮豆(塩)、汁粉、羊羹、餡物に多く使われています。

レシピ・保存方法豆の一覧はこちら


白いんげん豆(大手亡)

白いんげん豆(大手亡)白いんげん豆(大手亡)は、煮豆や白餡に用いられる白色の豆です。
近年は、熱処理をして白いんげん豆粉末に多く使用され、生活習慣の改善に役立っています。
注)生豆では絶対食べないで下さい(激しい嘔吐や下痢の原因になります)。
充分時間をかけて加熱処理するか煮豆にして召し上がってください。

豆の一覧はこちら